LINEUP 商品ラインアップ
  • 医薬部外品

歯間ブラシにつけて、歯間部をやさしくケア

ガム・歯間ケアジェルAC

歯周病発生の原因になりやすい歯間部をケアして、腫れ・出血を抑え歯周病(歯肉炎・歯周炎)を積極的に予防。

こんな方におすすめです。

  • 弱ってきたハグキに、歯間ブラシを使う時に。

効能

  • 歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防
商品の種類をみる

商品の特長

特長1

弱ってきたハグキに。歯間ブラシにつけて、歯間部の炎症を防ぎ歯周病予防。β-グリチルレチン酸が炎症物質の発生を抑え、CPCが歯周病菌を殺菌します。

処方のメカニズム 薬用成分 β-GR※1 ハグキの炎症を防ぐ 薬用成分 CPC※2 歯周病菌を殺菌する
  • ※1:β-グリチルレチン酸
  • ※2:塩化セチルピリジニウム

特長2

ジェルタイプなので、歯間ブラシをスムーズに挿入でき、歯間部をやさしくケアできます。

入りやすさの実感 非常にスムーズ 10% ややスムーズ 63% 70%以上の方が、歯間ジェルを併用する事で歯間部への入りやすさを実感しています。 歯間ブラシにつけてわかりやすい水色のジェルです。 N=30 サンスター調べ

他の商品と組み合わせて使用することで、より積極的な歯周病ケアが可能です。

たとえば、歯と歯の間をやさしくケアしたい方には、このような組み合わせがおすすめ。