• 医薬部外品

歯間ブラシにつけて、歯間部をやさしくケア

ガム歯周プロケア 歯間ジェル

β-GRが炎症物質の発生を抑え、CPCが歯周病菌を殺菌します。

こんな方におすすめです。

  • 弱ってきたハグキに、歯間ブラシを使う時に。

効能

  • 歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防
成分情報
  • あなたのお口の健康レベル、調べて見ませんか?
  • お口のお手入れ CHECKUP !

商品の特長

特長1

弱ってきたハグキに。歯間ブラシにつけて、歯間部の炎症を防ぎ歯周病予防。β-グリチルレチン酸が炎症物質の発生を抑え、CPCが歯周病菌を殺菌します。

処方のメカニズム 薬用成分 β-GR※1 ハグキの炎症を防ぐ 薬用成分 CPC※2 歯周病菌を殺菌する
  • ※1:β-グリチルレチン酸
  • ※2:塩化セチルピリジニウム

特長2

ジェルタイプなので、歯間ブラシをスムーズに挿入でき、歯間部をやさしくケアできます。

入りやすさの実感 非常にスムーズ 10% ややスムーズ 63% 70%以上の方が、歯間ジェルを併用する事で歯間部への入りやすさを実感しています。 歯間ブラシにつけてわかりやすい水色のジェルです。 N=30 サンスター調べ

他の商品と組み合わせて使用することで、より積極的な歯周病対策が可能です。

たとえば、歯と歯の間をやさしくケアしたい方には、このような組み合わせがおすすめ。

正しい歯周病予防は、歯周病についての正しい知識を知ることから!

歯間ブラシを使うように指導されましたが、ハグキが下がりそうな気がします。大丈夫でしょうか?

炎症のあるハグキに歯間ブラシを使うことで、炎症の改善とともにハグキの腫れがおさまり、ハグキが下がったと感じる場合があります。しかし、ハグキの隙間の大きさにあったサイズのものを使えば、必要以上に下がることはありません。

歯間ブラシは太さによってSSS~Lサイズまで種類があります。無理に太いサイズの物を使用すると、ハグキを傷めてしまったり、歯をすり減らしてしまう恐れがあります。きつく擦れながら入れるのでなく、少しゆとりをもって通過するサイズが適当です。ご自身のサイズがわからないときは、歯科医院で選んでもらいましょう。

もっと詳しい情報はコチラヘ 歯周病について知る

歯周病とたたかいつづけてきたサンスターG・U・M(ガム)のオーラルケア商品で、あなたに合ったオーラルケアをはじめましょう。