奥歯は他の歯よりも失われるのがはやい。奥歯のスキマにだんぜん届く 奥歯は他の歯よりも失われるのがはやい。奥歯のスキマにだんぜん届く

奥歯は、ほかの歯より

失われるのがはやい

奥歯は他の歯よりも失われるのがはやい

なぜ他の歯よりも早く抜ける?

抜けるとどうなる?

なぜ他の歯よりも

早く抜ける?

抜けるとどうなる?

⻭ブラシでの⻭間部の⻭垢除去率

奥歯は磨きづらいため、
歯垢が残りやすくなります。

歯垢はむし歯や歯周病の原因となるため、磨き残しが多いと、いずれ歯を失うことにつながります。
特に歯間は磨き残しが多く、⻭ブラシだけでは、歯間の歯垢は約60%しか除去できないというデータもあります。

※歯間ブラシの歯間部のプラーク除去効果
(日歯保存誌.48(2),2005,272-277.)
※奥歯含めた歯の喪失に関して、清掃の不足はあくまで要因の一つです。

※1 歯と口の働きの軽微な機能低下のこと。

奥歯が抜けることは、様々なリスクにつながります。
奥歯は磨き残しが多く、特に歯間に歯垢が残りやすい傾向にあります。
そのため、歯間の磨き残しを少なくするためにも、歯科医は歯間ケアをおすすめしています。
今ある歯を健康的に残すためにも、効果的に歯垢を取り除き、歯間のお手入れをしていくことが大切です。

だから、

奥歯を本気で守るなら、
奥歯のスキマにだんぜん届く形。

[ G・U・M ガム歯間クリーナー
奥歯ケア シリーズ篇/30秒]

GUM歯間ケア・シリーズ
(L字型・カーブ型)は、
前歯はもちろん、
奥歯へ届きやすく
設計されています。

健康に欠かせない歯の中でも

失われやすい「奥歯」をケアして、

生涯の健康と豊かな生活を。

健康に欠かせない
歯の中でも失われやすい
「奥歯」をケアして、
生涯の健康と
豊かな生活を。

ガム歯周プロケア
ソフトピックカーブ型を

使用している人の声

持ち手がしっかりして持ちやすいので奥までしっかり入って磨きやすい。

歯のすき間にはさまった食べカスが取りやすい。
奥歯も内側からピックが入れやすい
(カーブが良いので)。

カーブの形が奥の方をやる時に使いやすかった。
歯間が狭いところにもブラシが曲がることがなくスッと入っていく感じが良い。

ゴムが柔らかいので歯間への当たりがとてもソフト。

先端部分のブラシが程よい固さ、柔らかさで、太さもちょうど良く、私は使いやすかった。

カーブになっているので
操作しやすく、挿入しやすい。

奥歯の方も使いやすい(カーブの形と持ち手が持ちやすい)。

ゴム製でハグキに優しい。
カーブの形が歯間に入りやすい。

※【ガム歯周プロケア ソフトピックカーブ型SSSを12日間使用後
アンケート 40~50代女性 n=240 サンスター調べ】

GUM歯間ケア・シリーズ

(L字型・カーブ型)

GUM歯間ケア・シリーズ(歯間ブラシL字型)

歯間ブラシ

ガム歯周プロケア
歯間ブラシL字型

奥歯に届きやすいL字型の歯間ブラシ。

GUM歯間ケア・シリーズ(ソフトピックカーブ型)

ソフトピック

ガム歯周プロケア
ソフトピックカーブ型

奥歯にも届きやすいカーブ型のゴムタイプの歯間ブラシ。

歯科医がすすめる歯間ケア! 健康な歯とハグキのためのガム歯間ケアシリーズ

GUM歯間ケア・シリーズの使い方や選び方を紹介します