狙ってみがく歯周病対策

ガム歯周プロケア
ポイントケアブラシ

歯間や、歯とハグキの境目にフィットする山型ブラシと、お口のすみずみまでフィットするハンドル設計でみがき残しの多い箇所を集中的にケアします。
ハブラシと同じ独自開発の「ハグキケア毛」を採用し、毛先が3本に分かれた極細毛先がやさしくハグキに当たり、軸部の強い毛ゴシでしっかり汚れをかき出します。

こんな方におすすめです。

みがき残しが多い部位を集中ケアしたい方に

  • 歯間
  • 歯とハグキの境目
  • 奥歯の奥
  • あなたのお口の健康レベル、調べて見ませんか?
  • お口のお手入れ CHECKUP !

商品の特長

特長1

ガム歯周プロケア ポイントケアブラシ特長1

特長2

ハンドルは2色のバリエーション。

正しいハブラシの使い方

ここでは正しいブラッシング方法をご紹介します。ムシ歯対策、歯周病対策など、目的を問わず全ての分野に共通するブラッシング方法なので、ぜひ身につけてください。

  1. ハブラシの持ち方・ブラッシング圧

    ONE POINT ADVICE鉛筆を持つように握る持ち方で、毛先が広がらないくらいを目安に優しくみがく。

  2. 奥歯の噛み合わせ面

    ONE POINT ADVICEハブラシを常に小さく動かし、一本ずつ丁寧にみがく。お口の中にスペースを作り横からハブラシを挿入。

  3. 歯の表面

    ONE POINT ADVICEハグキが健康な方は、ハブラシを直角にあてる方法を。ハグキが弱っている方など歯周病対策には45度の確度であてる方法がおすすめ。

  4. 奥歯の裏側

    ONE POINT ADVICEブラシを歯に対して少し斜めに入れ、前後に小さく動かす。利き手側の奥歯の裏側はみがき残しが多くなるので要注意。

  5. 前歯の裏側

    ONE POINT ADVICE歯周プラーク(歯垢)と唾液中のカルシウムが結びついて歯石が付きやすいので、ハブラシを立たせブラシの角の部分を使ってみがく。

他の商品と組み合わせて使用することで、より積極的な歯周病ケアが可能です。

たとえば、よりみがき残しを集中ケアしたい方には、このような組み合わせがおすすめ。

歯周病とたたかいつづけてきたサンスターG・U・M(ガム)のオーラルケア商品で、あなたに合ったオーラルケアをはじめましょう。